本文へ移動

入学願書・調査書記載要領

調査書・記載要領ダウンロード

入学願書・調査書記載要領

「入学願書」
1.学校推薦型選抜入試を受験する者は、該当する推薦基準(生徒募集要項 P1または P2参照)を○で囲むこと。推薦基準を満たす評定の扱いは以下のようにする。
①推薦基準 A 、5教科(国語、社会、数学、理科、英語)の3か年の評定平均値が、3.0以上の者とは、5教科の評定合計の3か年の合計が45以上の者とする。
②推薦基準 B 、9教科の3か年の評定平均値が、2.5以上の者とは、9教科の評定合計の3か年の合計が68以上の者とする。
2.スポーツ特待生を希望する者は、有を○で囲み、競技種目を記入すること。
3.「第一志願」、「第二志願」の欄には、志願する学科とコースを記入する。
調理科についてはコースの欄に横棒線( - )を引く。
第二志願がない場合は、当該欄に右上から左下にかけて斜線を引く。
①調理科を第二志願とすることはできません。
②一般選抜入試で調理科を第一志願する場合は、第二志願も記入することが望ましい。
③二次選抜入試で調理科を第一志願する場合は、必ず第二志願も記入すること。
④学校推薦型選抜入試、総合型選抜入試( AO 入試)については性別の記入があります。一般選抜入試、二次選抜入試については性別の記入はありません。

「調査書」
1.記載事項はすべて令和5年12月末時点とする。
2.「志願校」の欄は、志願校名を記入する。
3.「第一志願」、「第二志願」の欄には、志願する学科とコースを記入する。
普通科については必ずコースを記入する。
第二志願がない場合は、当該欄に右上から左下にかけて斜線を引く。
①調理科を第二志願とすることはできません。
②一般選抜入試で調理科を第一志願する場合は、第二志願も記入することが望ましい。
③二次選抜入試で調理科を第一志願する場合は、必ず第二志願も記入すること。
4.※の「受験番号」の欄は、記入しない。
5. 学校推薦型選抜入試に出願する者は、欄外左上隅の推薦入学志願の部分を赤色で塗りつぶす。その他の入試に出願する場合は塗らなくてよい。
6.「学習の記録」の欄
(1)「観点別学習状況」の「評価」の欄は、1、2年について、中学校生徒指導要録(以下「指導要録」という。)の〔別紙2〕中学校及び特別支援学校中学部の指導要録に記載する事項等(以下「〔別紙2〕」という。)の基準によるA、Cのみを記号により記入する。
Bは記入しない。なお、第3学年については、12月末時点のものとして記入する。
(2)「評定」の「1年」、「2年」の欄は指導要録から転記する。
(3)「評定」の「3年」の欄は、第3学年の12月末時点のものとして5段階評定で記入する。
(4)「5教科の評定合計(a)」の欄は、学年ごとに、国語、社会、数学、理科、外国語(英語)の各評定
を合計したものを記入する。
(5)「4教科の評定合計(b)」の欄は、学年ごとに、音楽、美術、保健体育、技術・家庭の各評定を合計したものを記入する。
(6)「9教科の評定合計((a)+(b))」の欄は、学年ごとに「5教科の評定合計(a)」と「4教科の評定合計(b)」を合計したものを記入する。
(7)「9教科の評定合計の3か年の合計」の欄は、各学年の9教科の評定合計を合計したものを記入する。
(8) 過年度卒業者については、3年の欄は、指導要録から転記する。その他は卒業見込み生徒に準じて記入し、記載不能の場合は右上から左下にかけて斜線を引く。
7.「行動の記録」の欄は、第3学年における12月末時点の行動の記録について、項目ごとに、指導要録の〔別紙2〕に準じて、○印を記入するか又は空欄とする。
8.「出欠の記録」の3年の欄は、12月末時点のものを記入する。また、欠席日数、遅刻・早退回数が各学年でそれぞれ10回以上ある場合は、必ず主な理由を記入する。なお、理由の欄に記入できない場合は「総合所見及び参考となる諸事項」の欄に記入する。
9.「総合所見及び参考となる諸事項」の欄は、各教科の学習や行動面について総合的にみた場合の生徒の特徴や、指導上特に留意した事項を記入する。また、総合的な学習の時間について、顕著な活動があれば記入する。
3か年の特別な活動における生徒の活動状況について、主な事実及び総合的にみた場合の所見を記入する。資格検定等を取得している場合は記入する。
その他、次の事柄があれば記入する。
(1)帰国生徒等については、帰国前の国名、在住期間(平成・令和○年○月~平成・令和○年○月)、帰国後の編入学年、日本語の理解度等、選抜に必要と思われる事項を記入する。
(2)疾病等の状況について、特に必要であると思われる事項があれば記入する。
(3)その他、特筆すべき事項があれば記入する。
10.記載事項の無い場合は、当該欄に右上から左下にかけて斜線を引く。
11. 記入はすべてパソコンでも、手書きでも可とする。
12.調査書については、県内公立高校受験調査書の利用も可とする。
13.調査書用紙の大きさは、日本産業規格A列4とする。
令和6年度(2024年度)入学生用学校案内を掲載しています。
マップ
下関短期大学付属高等学校
〒750-8508
山口県下関市桜山町1-1
TEL.083-232-3785
FAX.083-231-2495
4
1
2
9
0
3
TOPへ戻る