高校生活でしかできないことを頑張りたい

高校生活でしかできないことといえば、「勉強」と「部活動」です。大学に進学しても、社会に出ても勉強や運動を続けることはできますが、高校の時ほどこの2つに時間を費やすことは不可能です。今しかできないことだから、それを頑張りたいという生徒を本校は全力でサポートします。4年制大学や専門学校等へ進学を希望する生徒には個々に応じた学習を、ソフトボール部・バレーボール部・バスケットボール部や、個人種目でも高い意識を持って競技に臨む生徒には、その技能向上を支援します。

カリキュラム(予定)

※クリックすると拡大表示します。

進学スポーツコースの授業

スポーツ実習 ※運動部の生徒は選択

スポーツ各競技の知識・技能を身につける。
 
自分の専門とする競技の知識や技術向上を目指し授業に取り組みます。
1・2・3年次に2単位ずつ履修します。

スポーツ科学 ※運動部の生徒は選択

スポーツ競技の知識・技能を身につける。トレーニング方法や理論を学ぶ。
 
身体の仕組みや効果的なトレーニング方法を知ることで、自己の能力を高める意識を身につけます。
2・3年次に2単位ずつ履修します。

ベーシック ※進学希望の生徒は選択

基礎基本を身につける。個々に応じた学習に取り組む。
 
自分の学力に応じて個別学習に取り組みます。得意なところは伸ばし、不得意なところを克服し、進学に向けて確かな力を身につけます。
1・2・3年次に2単位ずつ履修します。
 

キャリアアップ ※進学希望の生徒は選択

進学や就職に必要な一般常識や作文・小論文の知識を身につける。
 
進路決定へ向け必要な知識を学びます。自己の「キャリア」を考える契機とします。
2・3年次に2単位ずつ履修します。

スポーツ特待生について

多くの運動部の生徒が特待生制度を利用して入学しています。

本校では頑張る生徒を経済的な面から支援するために特待生制度を設けています。特にスポーツ技能優秀・人物良好な生徒を運動部では積極的に採用しています。
特待生には、入学時納付金(125,000円)全額・授業料全額(月額25,000円)または半額(月額12,500円)が支給されます。
※金額は昨年度のもので変更される場合があります。
※詳細は担任の先生や顧問の先生を通じて、学校にお問い合わせください。

先輩の声

私が下関短期大学付属高等学校を選んだ理由は、バレーボールと勉強を両立したいという思いからでした。は授業の中にバレーボールに打ち込める時間が確保されているため、基本であるレシーブやスパイクやトスなどの技術を繰り返し練習できる事で、さらなる向上心が生まれました。応援して下さる方々の期待に応えられるように、結果を残していきたいと思います。また将来はスポーツに携わる仕事に就きたいと考えているため、勉強にも力を入れて頑張りたいと思います。

 

2年 山田 愛梨(下関市立川中中学校出身)

私は、下関短期大学付属高等学校に入学してから、今まで以上に練習ができるようになりました。そのおかげで様々な試合に出場するようになりました。去年の夏、岡山県で開催された「中国・四国地区ジュニアボウリング選手権大会」では高校生女子の部で優勝することができました。また静岡県で開催された「全日本年齢別ボウリング選手権」では予選を通過することができました。勉強とスポーツが両立できる環境でとても充実した日々を過ごしています。

 

2年 尾上 萌楓(下関市立垢田中学校出身)

 

先生からのアドバイス

進学スポーツコースでは、放課後の部活動に加え、授業の中でも各部活動の専門性を深め、実践しています。また、スポーツ科学や健康科学の視点から様々な知識を身に付け、競技力向上を目指します。

クラスには、同じ「志」を持った仲間が集まるのでお互いに良い刺激を与え合い、切磋琢磨して技術や体力の向上を図りながら、精神的にも成長を遂げることができます。クラスマッチなどの体育的な行事も盛り上がります。勉強や学校行事などを通して充実した学校生活を送りながら、青春の汗を一緒に流しませんか?

 

保健体育科 宮地 肇 先生