校長あいさつ

日本一笑顔のある学校

私たちは下関短期大学付属高等学校といいます。本校は今年創立91年になる歴史と伝統ある高校です。最大の特徴は校名の通り、同一敷地内に短期大学と幼稚園があり、小規模ながら4つの教育機関からなる学園です。その母体となっているのが、付属高等学校です。調理師養成施設対応の新調理室の新設など、次の創立100周年に向け教育環境の整備充実に努めています。

 創立者河野タカ先生は「日本社会の基本は女性にある」との信念のもと女子教育に心血を捧げ、温雅・礼節を校是とし、女性一代で短大・高校・幼稚園の総合学園を築かれました。その後、時代は平成に入り、社会環境が大きく変化する中、男女共学の一部導入など、時代の変化に合わせ平成13年から下関短期大学付属高等学校として現在に至ります。しかし、大正・昭和・平成と時代は大きく変わりましたが、創立当時の伝統は今日もすたれることなく受け継がれています。

日本一の卒業式は伝統の袴姿で行われ、小笠原流の礼法指導、日本舞踊、華道、茶道、書道、筝曲などの日本の伝統文化を授業で学べることも本校の特色の一つでしょう。また、ひとり一人を大切にし、その個性を伸ばす指導を全教職員一丸となって実践することも創立時から変わることなく継承しています。

現在は生徒・教職員が一体となり、[正―自覚・感謝・温雅]の校訓もと、日本一の学校づくりを目指し、「日本一笑顔のある学校」にチャレンジしています。学校生活が『楽しい』・授業が『わかる』・卒業後の進路が『決まる』ことができれば、きっと笑顔でしょう。全力で頑張ります。

皆さんも一緒に「日本一の学校づくり」に参加しませんか。

 

 
下関短期大学付属高等学校
 校 長 河 村 茂 実
平成30年度入学生用学校案内
下関短期大学付属高等学校
〒750-8508
山口県下関市桜山町1-1
TEL:083-232-3785 FAX:083-231-2495
mail: hi-info@kohno.ed.jp
1
8
7
9
9
0